販売開始から数日、

 

予想を上回る反響をいただいている、

 

『国産銘柄 セミドライフルーツアソート』

 

発送の準備を着々としておりますので、

 

ご注文いただいた方は、お届けまで楽しみにお待ちください。

セミドライセット

最近は、

北海道から沖縄まで美味しい果物を探し、

日々全国の農家の方々とやりとりをしています。

 

すでにいくつもの素晴らしい果物と出会い、

これを加工するとどうなるか?

 

日夜ワクワクがとまりません。

 

同時に、

 

こんな話もありました。

ぶどうのA品とB品

この二つの葡萄、

違いがわかりますか?

 

産地も品種も同じ。

 

味の違いはありません。

 

いわゆる、

 

A品とB品の違いです。

 

小さな傷と多少の大きさ違いで、

 

この二つは価格が大幅に違います。

 

中には値段がつきづらい

“C品”もあります。

 

規格品の認識はありましたが、

想像以上に厳格な審査を痛感。

 

貴重な高品質銘柄フルーツを、

進化系セミドライフルーツとして、持続的に提供可能にしていくために

今後、規格外品の問題をクリアにすることも大きな課題となりました。

 

<世界屈指のブランド銘柄 “巨峰”>

巨峰

さて、初めて提供をすることになった、セミドライフルーツ。

 

今回の果物はどれも銘柄と言われ、それぞれの個性が輝いている

 

いわば “果物界のスター軍団”

 

その中でも主役をつとめるが、

“巨峰” です。

 

世界に10,000種類以上あると言われている葡萄の品種。

 

・オリエンタルスター

・クイーンニーナ

・ジャイアンツ

 

まるでメジャーリーグ球団のような葡萄品種が世界中で流通しており、

生食用はもちろん、ワイン加工、ジャム、ジュースなど様々な形で世の中に流通します。

 

日本国内では、

100種類程度が栽培されており、

 

特に長く王者として君臨しているのが、

 

山梨巨峰 です。

 

栽培面積日本一を誇り、

1300年前から栽培が始まった山梨の葡萄は種類も他県に比べ豊富。

 

標高の高さと、昼夜の寒暖の差という自然の恵みが、

ブランド果物を生み出す源泉なのです。

 

その環境から、

 

美しい紫黒色の見た目。

 

ジュースのような果汁。

 

高糖度な甘さが生まれます。

 

<進化を遂げた巨峰>

 

前回もお伝えしましたが、

貴重な果物に手を抜いた加工はしたくない。

 

この巨峰をどのように進化させるか。

 

結論は、

 

「やわらかい食感を作り、風味を残し、ジューシーなドライフルーツに進化させること。」

 

通常の干し葡萄は日持ちをさせるため、限界まで水分を下げています。

 

しかし、

 

乾燥しすぎるとドライ製品特有の乾燥臭がし、

硬くなり食感が悪くなります。

 

せっかくの山梨巨峰の風味が消えてしまったり、

食感が硬くなるのを防ぐべく、

 

水分値のテストを重ねた結果、

ベストな水分を保有した、

 

やわらかい食感、ジューシーな巨峰が完成しました。

セミドライ巨峰

砂糖や油、人口添加物などはもちろん使用しません。

 

そうすることで、

豊かな香りと、生よりも凝縮された甘みが生まれます。

 

葡萄の粒はとてもデリケートで、

皮が剥がれやす為、人の手で丁寧に一粒一粒加工する事で、

潰れずに美形を維持したままセミドライフルーツへと進化するのです。

 

これにより、

セミドライフルーツのテーマでもある

 

“進化フルーツ”

「フルーツよりフルーツしてる」

 

味わいが完成します。

 

<最後に>

 

果物には旬があり、

 

同じ農園で、同じ栽培方法で、同じ品種であっても、

 

当然その年によって出来が異なります。

 

特に葡萄は、ワインでよく言われる “表年”、“裏年”があり、

 

気候影響をより受けやすい果物です。

 

セミドライフルーツでも試験的に3年寝かせたものをあるようで、

 

近い将来、

 

「巨峰の3年熟成もの」

 

なんていう日が来るかもしれませんね。

 

それでは。

 

↓↓↓

ご購入はマイページから